開放感あふれる、お互いの顔の見える二世帯住宅へ(練馬区 I様邸)【360度パノラマ写真】

東京都 / 練馬区 / リノベーション / マンション / 10年以上 / 200万以上 / 廊下 / 和室 / リビング / トイレ / 浴室 / キッチン / 2019/04/05 更新

Before 施工前のお悩み・ご要望

  • 息子様ご夫婦が、お母様とご一緒に過ごすために二世帯住宅としたい
  • 開口部を広く取り、開放感がある住まいとしたい
  • それぞれの生活範囲を踏まえて音の問題をしっかりと考えたい

図面イメージ

1階

2階

施工前

施工中

After 施工後

1階 LDK・洋室

部屋の中央にLDKとしてキッチンを配置しつつも、隣接する部屋との間仕切り扉を大きく開口できるようにすることで、利用シーンに応じて柔軟に生活スタイルを変化できます。

キッチン前に小窓を設けることで、壁付けのキッチンでありながら、開放感を感じさせます。

1階 LDK・洋室

1階 浴室

ユニットバスを採用することで、断熱、お手入れなど、入浴シーンが格段に向上しました。

ドアは引き戸にし、また透過性のある材質を設けることで、浴室全体に開放感が広がります。

1階 浴室

1階 洗面

大容量の収納を設けると共に、洗濯機上のスペースにも収納を設けました。

何かと小物が多くなる洗面室も、これでしっかりと収納が可能となります。

1階 トイレ

明かり取りの小窓を設けることで、少し薄暗くなりがちなトイレ空間が明るくなります。

手すり兼用のトイレットペーパーホルダーとすることで、利便性が広がります。

2階 LDK

構造上、どうしても撤去できない柱や筋交いをそのままに、開放感を考慮して、そのまま現しで仕上げました。

こうすることで、LDK全体の開放感はもとより、コミュニケーションも捗ります。

2階 LDK

2階 洋室

シンメトリーの左右対称で収納やニッチの空間を設けました。

2階 洋室

2階 洗面・トイレ

生活動線を踏まえて、LDKに隣接する形で洗面台とトイレを設けました。

コンパクトながらに、必要な機能を有することでお部屋全体のデザインに影響を与えません。

設計士・担当者から

鈴木 裕介
ご結婚される息子様ご夫婦が、お母様と一緒に暮らすための二世帯住宅へのリフォームでした。浴室と玄関などは共通で使用し、キッチンなど一部水回りのみ分離しています。排水音や歩行音などの軽減のため、排水管には防音処理を行い、1階天井部分に遮音材を使用しています。

2階リビングダイニングキッチンは開放感のある空間とするため、筋交いをあえて露出させてクリアな塗装を行っています。壁などにせず露出させたことで筋交いが空間のアクセントになりました。

収納の間に書斎スペースを設け、両側にはニッチの造作棚を設けています。

結婚式やハネムーンの打ち合わせなどと並行しながらの、お客様にとって非常に忙しい時期の計画でしたが、密にコミュニケーションを取っていただいたことでお客様にとって大変満足いくリフォームが出来ました。

リフォームのお見積り・プランニングなど、
お気軽にご相談ください

直接相談したいという方は
下記フリーダイヤルよりご連絡ください。
担当スタッフが対応させていただきます。