使いやすい間取りと見晴らしのいいリビングが快適!こだわりの我が家が完成(新宿区 S様邸)【360度パノラマ写真】

東京都 / 新宿区 / 間取り変更 / マンション / 20年以上 / 1,000万以上 / 洋室 / リビング / 玄関 / トイレ / 洗面所 / 浴室 / キッチン / 2020/01/15 更新

Before 施工前のお悩み・ご要望

  • 広く明るいリビング。そして快適で使いやすいLDKにしてほしい
  • お風呂も足を伸ばして入りたい
  • 動きやすい動線としっかりとした収納スペースを確保したい
  • 防音室を作って、プライバシーも高めたい

図面イメージ_施工前

1階_before

2階_before

図面イメージ_施工後

1階_after

2階_after

ロフト_after

施工前

施工中

After 施工後

LDK・居室

大正ロマンのような日本建築と、ヨーロッパのヴィクトリアン調をを混在させた雰囲気としました。今回は二階にリビングを配置しています。明るい陽射しやさわやかな風も入りやすく、快適な空間へ生まれ変わりました。

キッチン

キッチンもリビングのすぐ隣なので、みんなの顔を見ながら家事もできます。毎日の家事も楽しくなります。

浴室・洗面所・トイレ

トイレも一階と二階でイメージの違う製品をセレクトしました。お風呂も広々空間となり、ゆったりと日々の疲れを取ってくれる癒しの空間になっています。

廊下・階段

今までは暗いイメージだった階段、廊下のスペースも、明るい空間となりました。

小屋裏

リフォーム時に小屋裏のスペースを有効活用し、自由に使える空間と広々収納を配置しました。しっかりとした収納力を持たせたので、ほかの空間の荷物もしっかりと収まります。

キッチン

廊下

トイレ

小屋裏

設計士・担当者から

鈴木 裕介
こちらはお祖父様の遺されたお宅の雰囲気を活かしつつ、暮らしやすいようリフォームするという所から打ち合わせが始まりました。
外観は新しい素材を使用しつつ、元々の雰囲気に近づけ、一階は縁側をつくって日本家屋風にしました。また、二階は使用されていた立派な梁を再利用して、和の雰囲気を残しつつメダリオンや装飾性の高い手すり等を用いて和洋折衷の大正ロマンのようなイメージとなりました。楽器のための防音室や、床の間に使用されていた柱の再利用、縁側には木製のサッシを使用するなど、一つ一つにお客様のこだわりが詰まった素敵な仕上がりとなりました。

リフォームのお見積り・プランニングなど、
お気軽にご相談ください

直接相談したいという方は
下記フリーダイヤルよりご連絡ください。
担当スタッフが対応させていただきます。