PowerPointのファイルをオンラインで埋め込むのにベストな方法は…?

WEBに掲載する情報は表現の仕方を色々と悩む場合が多々あります。

山口建設では、「リフォームの進め方」、「リフォーム会社の選び方」として、PowerPointのファイルを埋め込みで、ご紹介しています。

今までは、MicrosoftのOneDriveにアップロードしたPowerPointファイルを埋め込みとして掲載していました。

PowerPointもMicrosoftのだから親和性が非常に高いだろうなーと思っていたものの、少し画面がぼやけて解像度があまり良くなかったので悩みどころでした。

どうやら、Googleドライブでも、PowerPointファイルをアップロードし、それをGoogleスライドで開く形でWEB公開ができるらしいので公開方法を変更してみました。

すばらしい解像度!

というわけで、ホームページのPowerPoint埋め込みは、Onedriveから、Googleドライブに変更しました。

PowerPointをGoogleドライブにアップロードして、Googleスライドで開くと多少行間等がずれるので修正が必要となるのが要注意です。

Googleドライブで、Officeのファイルがダイレクトに編集できるようになったのも嬉しいですね。

上記の処理をしても、Googleドライブ上には、PowerPointのファイルまま保存されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です