サッシメーカーであるYKKAPさんの商品説明会に参加してきました。

YKKAPさんの商品説明会に参加してきました。

熱の流入、流出については、壁や屋根や床などよりも、開口部の窓が一番対応が必要な箇所となっています。

窓サッシや、窓ガラスへの対応で、夏も涼しく、冬も暖かい空間を作ることができます。

そして未来ドア「UPDATE GATE」という展示も行っていました。

玄関ドアがディスプレイとなり、AIを搭載し、顔認証で開閉や、個人毎のパーソナル情報に基づき、予定や天気なども表示されます。

登録がない者が訪問してきた場合は、スマホへ自動で連絡が来るなど、素晴らしい未来がありますね。

2020年に、100万~150万のメーカー標準価格での提供になるようですが、お高いだけの機能はあるかと思います。

 

リフォームの際に、見落としがちな窓の対応。

是非とも、リフォームの際にはお考え下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です