「お庭から失礼します」毎朝職人さんの届けてくれる新聞に感激しました。(練馬区 Y様邸)

練馬区 Y様邸

リフォーム基本情報

住居形態

戸建て

概算費用

290万円

工期日数

14日

浴室

マンションリモデルWGシリーズ Dタイプ(1116サイズ)

洗面

TOTO サクア 洗面化粧台(幅600mm)

トイレの段差と浴室のタイル床が恐くて、いつか大怪我をするんじゃないかと思っていました。

本日はお時間をいただきありがとうございます。それではまず、今回のリフォームのきっかけをお伺いしてもよろしいでしょうか?

お母様:本当は、何年も前から考えていたんですけれども・・・なかなか良い機会がなくて。やろうという決断を持てずにいたんです。でも、この年齢になって、一人になってみると、やっぱり不安も多くて・・・。とくに(半地下の)トイレの段差が危険で、いつか大怪我をするんじゃないかって思っていました。お風呂も、この家は作りが古いから、床のタイルが冷たくて、塗れると滑りやすくなるものですから・・・それも恐くて。

娘もそのことを心配してくれていたので、二人で話し合って、リフォームをお願いすることにしました。

山口建設を選んだ経緯は、どのようなものだったのでしょうか?

娘様:十年くらい前に、階段の手すりをつけてもらったことがあったんです。それで、一応お名前を知っていて。

お母様:それより前にもあったのよ。二十数年くらい前に、塀を直してもらったことがあったみたいで・・・でもその辺りのいきさつを、どういうわけか忘れてしまって(笑)

ご縁があったんですかね(笑)

お母様:そうかもしれませんわね(笑)

娘様:何かあったときのことを考えると、なるべく近場でお願いしたくて。山口建設さんはご近所でしたし、私の勤めている職場でもお付き合いがあったので、とりあえず相談してみることにしたんです。そうしたら、すごく親身にお話を聞いてくださって。説明もわかりやすくて・・・うん、信頼できそうだなって感じました。

他の会社を検討したり、見積もりを比較したりすることはなかったんですか?

娘様:まったくしませんでした。正直、他社に相談する必要を感じなかったですね。

無意識に使えるくらい、完璧な位置に手すりを取り付けてもらえました。「ショールーム」のような仕上がりに感動です。

実際にリフォームの終わったご自宅を見て、どう感じましたか?
お母様:すごい!信じられない!と思いました。
一番はトイレですね。とにかく驚きました。あれほど苦労していた段差がすっかりなくなって、転ぶ心配もありませんし。手すりも・・・プロですね。手すりを使っている感覚がないというか、無意識に使えるくらい、完璧な位置に取り付けてもらえました。

娘様:手すりの工事のときに、実際に便座に腰掛けて、母の動作に合わせながら位置を調整していただいたので。事前にショールームで掴み心地を調べて、母にピッタリのものを用意していたので、これで本当に転倒の心配はないだろうなって、安心できました。

お母様:それから、どうしても引き戸じゃなくちゃ嫌だって、わがままを聞いてもらったんです。うちの構造では丸い柱があったりして難しかったみたいなんですけれど、それも引き受けてくださって。

娘様:引き戸にしたらトイレがかなり狭くなるだろうなって覚悟していたんですけれど、それが想像以上に広くて。驚きました。


うちのトイレより広いですよ(笑)

娘様:(笑)それから『音姫』もつけてもらったんだよね。

お母様:そうなんですよ。引き戸だと気密性が弱くなるから音の問題もありえるって、アドバイスもいただいて。あれって・・・なんだか面白くて。

娘様:すっかりハマっちゃったみたい(笑)照明も人感センサーのものにしていただいたので、自動で点いて自動で消えて、使い勝手がとても良いです。

お風呂はどうですか?
お母様:お風呂はまず、綺麗で真っ白で、とても明るくなりました。新しいものですし、とにかくおしゃれですよね。だって、友達が遊びに来たときに、「ショールームみたい」って言われたんですから(笑)

娘様:床もクッション性のある素材になって。タイルと違って、冷たくないし、滑らないし。手すりもあって安心です。

お母様:そうそう、収納もいっぱい増えて。入れるものがなくて困っているくらい(笑)

女性だから細かいことに気づくし、気軽に相談できる。男性だから良いってわけじゃないことを教えてもらいました。

担当の澤田さんの印象はどうでした?
お母様:建設関係の会社で、女性の方は初めてだったんですけれど、やっぱり女性らしいというか。細かいところまで、本当によく気が付くんだなぁと思いました。女性目線でいろいろなことを教えてくれますし。

たとえば、トイレの手すりの位置は、澤田さんがアドバイスをしてくださいました。トイレットペーパーの位置とか、『音姫』もそうですよね。それからTOTOのショールームにも一緒に付き添っていただいて、ひとつひとつ、この製品はここが良いとか、こういうところに気をつけて選んだ方が良いとか、丁寧に教えてくださったんです。娘もとても喜んでいました。

娘様:母に代わって話をすることが多かったんですけれど、やっぱり女性同士だからなのか、電話でもメールでも、とにかく気軽に相談できました。わがままもたくさん聞いてもらっちゃって(笑)素人の話にも親身に耳を傾けてくださるし、丁寧に、こちらが理解できるまで説明をいただけるので、本当に助かりました。

お母様:男性だったら、もしかすると、ここまで気軽に相談できなかったかもしれないですし・・・男性だから良いわけじゃないんだって、教えてもらいました。

「お庭から失礼します」職人さんたちの温かい対応に感激しました。

職人さんの対応はどうでしたか?
お母様:毎朝ね、新聞とか郵便物を持ってきてくれたのよ。感激しましたね。庭の方から回ってきて、窓をコンコンって。「お庭から失礼します」って言いながら、新聞なんかを渡してくれるの。それが日課になっていました。皆さん優しい方ばかりで、安心でしたよ。一度、お医者さんに行くときにお留守番を頼んじゃったこともあったくらい(笑)

娘様:近隣の方への挨拶もきちんとしてくださいましたし、毎日工事が終わると、また庭の窓をコンコンとして、「帰ります」ってひとこと声をかけてくださるので。時間もピッタリに来ていただけますし、挨拶もしっかりしていて、素晴らしいなって思いました。

母:工事中は在宅していましたけれど、不便はほとんどありませんでしたね。気づいたら出来上がっていたような印象でした。工事の出来映えにも、職人さんにも満足しています。

とにかく人柄が良い。これほど親身になってくれる建設会社はほかにないと思います。

山口建設のココが良かった、というところはありますか?

お母様:人柄だと思います。人柄がとにかく良いんですよね。私より、娘の方が話す機会は多かったけれど、どう?

娘様:そうですね、確かに、人柄ですね。とても親身になって、なんでも話を聞いてくれるので、すっかりその気になっちゃいました(笑)

親身といえば、実は一度、工事を延期していただいたんです。最初は1月の予定だったんですけれど、寒い時期の工事がどうしても心配で。無理に工事を延期してもらったんです。そのときも、嫌な顔せずに対応していただいて。嬉しかったですね。こんなに色々話せる建設会社さんなんて、他にないんじゃないかなって思います。

もし今回のリフォームを採点するとしたら、何点をいただけますか?

お母様:点数なんて難しいわ(笑)点数は付けられないけれど・・・そうね・・・大満足(笑)想像していた以上のものになりました。それでいいかしら?

十分です(笑)

我慢せずに、なんでも相談すること。それが失敗しない秘訣だと思います。

これからリフォームをされる方に、何かアドバイスはありますか?

娘様:とにかく何でも話すことだと思います。気が付いたこと、気になったことは何でも相談する。我慢しない。建設会社さんが相手だと、つい遠慮してしまいがちですけれど、今回のリフォームがうまくいったのは、何でも相談したからじゃないかなって思います。
もちろん、山口建設さんだからこそ、そんな風に相談ができたのかもしれないですけれど。

それだけ、弊社への信頼があったということですよね。とても参考になるご意見だと思います。
以上で、インタビューは終了です。本日はありがとうございました。

娘様:ありがとうございました。澤田さんも・・・あ、そうだ!玄関の鍵の件でちょっとご相談が・・・。

母様:ねぇ、網戸の件も聞いてもらったら?

お客様との楽しい時間は付きません。

これも山口建設の良さの現れなのかもしれません。

リフォームのお見積り・プランニングなど、
お気軽にご相談ください

直接相談したいという方は
下記フリーダイヤルよりご連絡ください。
担当スタッフが対応させていただきます。