満足への果てしない旅

2021/03/31

IT 仕事

さようならチャットワーク、こんにちはSlack。メール以外のコミュニケーションツールをしっかりと利活用しないけない時代ですね。

山口建設では、Slackをコミュニケーションツールのメインで利用しています。

社内で利用している周知・連絡や、システムからの自動通知などはメール、MLから、すべてSlackへ移行を実施しました。

そしてできるだけ効率化を目指して、社外の方々とのやりとりも、できるだけSlackでできないか打診しています。

しかしながら、山口建設はSlack、先方はチャットワークを利用しているところもあり、いまいち片手落ちは否めません。

そこで、「slackが嫌すぎたのでgoogle apps script経由でchatworkに全部転送した話」を参考に、相互連携で運用していました。

この素晴らしき相互連携。

Slack→チャットワークや、チャットワーク→Slackの情報は、色々と検索にヒットするのに、このページはなぜだかいまいち引っかかりませんが、物凄くありがたいページでした!

…しかし、しばらく運用したものの、連携が止まるようになっていました。

おかしいなぁ…と思っていたら、利用されているSlackAPPというライブラリが、SlackのAPI変更により一部機能しなくなり連携ができなくなっていました。

現在提供されているSlackのAPIにエイヤっ!と、コードを書き換えて利用していたものの、いくつか運用しているチャネルの内、うまく相互連携が走ったりとか、なぜだか過去の履歴含めて全件連携が走ったりして、少し違和感がある運用方法が続いていました…。

これはどうするもんかと悩みつつも、再度、やりとりをしている先方にSlack利用を打診したところ、チャットワークではなく、Slackでの運用も検討頂くこととなり、結果、相互でSlack運用が可能となりましたので、どうにか事なきを得ました。

 

コミュニケーションとして、メールが最適なのか、Slackか、チャットワークか、LINEか、ANDPADか、ダンドリワークなのか、選択肢は山のようにありますが、将来的な会社の体制を見据えて、全体最適化をするのが重要です。

少なくとも現時点では、山口建設の方向性は間違っていない、はず。

リフォームのお見積り・プランニングなど、
お気軽にご相談ください

直接相談したいという方は
下記フリーダイヤルよりご連絡ください。
担当スタッフが対応させていただきます。