満足への果てしない旅

2021/10/11

IT 仕事

GoogleサイトのURLを独自ドメインに割り付けても、まるでリダイレクトのような挙動でした。

社内のナレッジサイトとして、pukiwikiを用いて運用を実施していました。

社内のwebサーバで運用していたものの、今までのトラブルを考慮してとりあえず、GCPのwebサーバーに逃しました。

インフラ周りはできるだけ手を離したかったので、GCPのwebサーバから、さらに新しいGoogleサイトに逃がすことに決めました。

これでインフラ運用や、ユーザー認証管理から手を離すことが出来ます。

 

Googleサイトでは、URLが下記のように設定されます。

https://sites.google.com/{ドメイン名}/{サイト名}/

あまり美しくないなぁーと思っていたら、独自ドメインを割り当てられるということを発見!

Googleサイトヘルプ サイトにカスタム ドメインを使用する

 

まずは、独自ドメインの対象サブドメインのCNAMEに、「ghs.googlehosted.com」を登録

Googleサイトの設定

Googleサイトの設定

次に、Google Adminにログインして、GoogleサイトからカスタムURLをクリックして設定を行います。

カスタムURLから、画面右上の+を押して、ドメインの設定に移ります。

新しいGoogleサイト

既存のGoogleサイトULを入力。https://と、最後の/が不要

対応させる独自ドメインのサブドメインを指定

CNAME設定手順

これで設定が完了し、程なく待つと、設定が完了となりました。

しかしながら、期待していた挙動とは異なり、例であげた画像で言えば、Googleサイトへのアクセスですべて「https://abcdefg.k-yamaken.com/」を設定したとしても、「https://abcdefg.k-yamaken.com/」にアクセスすると、まるでリダイレクトのように、「https://sites.google.com/k-yamaken.com/abc/」にURLが遷移してしまう状態でした。

サブドメインとしてのまま、サイト利用が可能だとスマートだったのですが、GoogleサイトのカスタムURL利用は、あくまでトップページの遷移のみで、アクセス時点でGoogleサイト用のページに飛んでしまうので注意が必要です。

「https://abcdefg.k-yamaken.com/1234/」へのアクセスもリダイレクトのように、「https://sites.google.com/k-yamaken.com/abc/1234」へ遷移されます。

少し残念ですが、トップページがすっきりしたので良しとしたいと思います。

リフォームのお見積り・プランニングなど、
お気軽にご相談ください

直接相談したいという方は
下記フリーダイヤルよりご連絡ください。
担当スタッフが対応させていただきます。