年末調整の季節がやってきましたね。ちょっとだけ、手作業から脱却しました。

年末調整の季節がやってきました。

大まかで徴収されていたり、別途控除が可能な申請を実施して、税の還付を受ける年末調整。

ちんぷんかんぷんになりながら、氏名とハンコだけでいいのか、いやいや証明書を提出するのだの、ここの数値はどこのを記載するだの、毎年の風物詩ですね…。

というわけで、手書きで色々とやるのがめんどくさかったので、今年から、給与システムとして導入しているマネーフォワード給与を利用して年末調整を実施することとしました。

これで手書きはほとんどなくなりましたが、やはり初めての行為、うちの社内でも混乱が見受けられました。

ただし、これでも控除証明書の原本提出は必要になります…。

本来ならば、国税庁が「年末調整手続の電子化に向けた取組について(令和2年分以降)」で周知しているように、完全電子化が、今年から出来たのです!

1 従業員が、保険会社等から控除証明書等を電子データで受領

2 従業員が、国税庁ホームページ等からダウンロードした年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(※)に、住所・氏名等の基礎項目を入力し、1で受領した電子データをインポート(自動入力、控除額の自動計算)して年末調整申告書の電子データを作成

3 従業員が、2の年末調整申告書データ及び1の控除証明書等データを勤務先に提供

4 勤務先が、3で提供された電子データを給与システム等にインポートして年税額を計算

年末調整手続の電子化に向けた取組について(令和2年分以降)」より抜粋

いいですね、未来感があるし、楽になりそう!と思ったのですが、税理事務所からは、国税庁が始めた初年度なので運用や不具合等を考慮すると、1年は見送りましょう、ということで今回は断念です、残念。

来年は、完全システム化で実施したいと思います。

リフォームお考えの皆様へ

リフォームの進め方

リフォームの進め方(全16ページ)

リフォームをお考えの際に、そもそもリフォームはどうやって進めるのかをまとめました。

初めてリフォームをお考えの方に、是非とも読んでいただきたい資料です。

リフォーム会社の選び方

リフォーム会社の選び方(全18ページ)

リフォーム会社を選ぶ際に、リフォーム会社目線で抑えておきたいポイントをまとめました。

どうやってリフォーム会社を選んでいいかわからない方に、是非とも読んでいただきたい資料です。

お問い合わせ

お問い合わせは こちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です