imap形式のメールサーバからG Suiteへのメールデータお引越し

過去に、メールサーバ移管に伴い、「IMAPアカウントから、IMAPアカウントへの移行方法。」をやりました。

そして徐々に情報化をすすめるに当たり、徐々にG Suiteを導入しています。

ここでネックになるのがやはりメール。

現在利用しているメールサーバがIMAP形式で対応しており、前回記載のようにimap(G Suite)間でメール移動が可能なImap2Imapを利用してみましたが、ラベルが膨大にあるので途方に暮れていました。

メールサイズも12Gというサイズなので、thunderbirdのアドオンも少し躊躇するなー、どうしたもんかと思案していたら、Googleがちゃんと代替方法を用意してくれていました。

下記以外にも、G Suiteの管理ツールに「データの移行」がありますが、設定しても処理が進まず…何か設定の不備がありそうでしたが諦めました。

G Suite Migration for Microsoft Exchange(GSMME)を用いたimap移行

こちらで非常に懇切丁寧に説明がされています。

Googleのヘルプページは実際の画面構成と異なる場合があるイメージだったのですが、一字一句同じで非常に分かりやすいヘルプページでした。

Google Cloud Platform(GCP)Console

まずはGoogle Cloud Platform(GCP)Consoleを利用して、認証用のJSONファイルをダウンロードする必要があります。

上記のリンクにもある、サービスアカウントの作成にもあるように、プロジェクトの作成、API有効化、OAuth 同意画面、サービスアカウントを作成実施します。

これで認証情報のJSONファイルがダウンロードできました。

G Suite Migration for Microsoft® Exchange

上記のリンクにもありますが、GSMMEをダウンロードして設定、操作を進めます。

‘for Microsoft® Exchange’とありますが、一切、Exchangeは関係なくても実施できるのはご愛嬌。

いざ同期!

全てのテストが完了すると、実行です!

今回は12Gのメールサイズでは大体8時間程度で移行が完了しました。

まとめ

現在、山口建設のメール構成は、少しだけ歪になっていることも有り、はやめにG Suiteへの移管を実施したいと考えていました。

ただし、メール移行が少しネックになるかなーと思っていたものの、GSMMEを用いることで、すっきりと実施ができそうです。

imap→G Suiteのメール移行であれば、GSMME一択!

G Suite以外の場合は、「IMAPアカウントから、IMAPアカウントへの移行方法。」の記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です