なぜ指がこんなことに…

今日は、10月というのに30度超え、そんな中、戸建の屋上の笠木工事でした。

最後清掃するのを手伝っていたのですが、清掃終了後、指の第二関節あたりに微かな痛みが。

ほうきで触れていた箇所が、皮膚がただれて溶けた?ようになっている不思議な現象。

暑すぎたので火傷したのか、板金とか、手すりとか、日射で熱くなったところを触ったのか、一切が不明…。

常にグローブもしていたのに、謎が深まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です