Google Photoの連携がされなくなります。どえらいことです。

山口建設では、スマホで撮影された写真が自動的に基幹システムに反映され、現場毎、撮影者毎などで自動的に振り分けられます。

これは、Googleの各種サービスを利用しています。

連携の流れ

スマホ → Google photo →(自動連携)→ Google ドライブ →(NAS機能)→ 社内サーバ → 基幹システム

という流れになっています。

色々な処理を検討したところ、社内サーバ(NAS)をSynology社のパッケージを利用しつつ、GoogleのGoogle photoからGoogleドライブへの自動連携という2つを隔てて、共有が実現されています。

衝撃のニュース

2019 年 7 月 10 日以降、Google フォトと Google ドライブは自動的に同期しなくなります。この変更により、写真や動画の保存場所を、サービス全体で簡単に選択できるようになります。

Google フォトと Google ドライブの変更予定

ニュースサイトで色々と出ていたものの、Googleから日本語で言われると現実感が増し増しと帯びてきます。

さて、どうするものか…

この対応だけに時間を取れずにずるずると時間だけが立ってしまい、期日まで後1日。

自分でコードを書いて、Google photo APIを使えば、行けそうな感じもしつつも、対応は非常に困難です。

いくつかのサービスを組み合わせて行けそうな感じがしているので急いで対応を進めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です