WordPressのアップデートはやはり怖い。とても怖い。

RSSフィードのプラグインが止まり、画像が全て非表示へ…

以前、Wordpressのアップデート時、色々と不具合があり、対応にすごい手間取った過去があります。

それもあり、ver4.3ぐらいで更新を止めていたものの、いつのまにやらver4.7まで上がっていたのでセキュリティ観点からヤバイかなーと思いつつ、更新を実施。

戦いの推移

  • WordPress本体更新完了
  • 対応していないプラグインも自動更新開始
  • ログイン自体できない。
  • FTPから、該当プラグインをフォルダごと削除
  • マルチサイトの内、施工事例のブログだけログインできない。
  • 怪しいプラグインを軒並み停止
    • どうにかログインは出来る様になる。
  • このブログだけメディアボックスの表示ができなくなる。
    • WordPressのデバックモードにしてログを確認。
    • 因果関係が不明。
    • スーパーリロード(SHIFT+リロード)で何度か実施すれば回復。

ここまで実に4時間程度。長い。

ついでに色々と気になっていたもの

ダウンロードに失敗しました的な

こちらのサイトを参考にして、class-http.phpの書き換えを実施。

管理画面のIP制限的な

単純にwp-adminフォルダにアクセス制限を実施したら上手く動かなかったので、こちらのサイトを参考にして、admin-ajax.phpを除外した上でアクセス制限を実施

バックアップは大事

BackWPupを使って、バックアップと思ったら、下記のエラーを吐き止まる。

ERROR: ZipArchive returns status: Seek error: Invalid argument

こちらのサイトを参考にして、zipからtarへ変更しバックアップ開始。

zipは2Gを超えるとダメだよということだけど、そんなにいってるのか…。

BackWPup上の「それなりに時間かかるから我慢してね」的なメッセージを信じて放置を始めることとします。

まとめ

  • WordPressのアップデートは安易に手を出さない。
  • プラグインが対応していない場合はむやみにアップデートしない。
  • なんとかなる。(なんとかする。)

自社で管理・運用しているので非常に柔軟性に富んだ対応が出来つつも、こういった対応との天秤が難しいところです。

WordPressのアップデートはやはり怖い。とても怖い。” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です