スマホの写真を効率的に運用する理想の形まであともう少し…。

仕事はリフォームなので、写真を凄いたくさん撮影します。

以前も「スマホ撮影の写真を勝手に振り分けて社内システムに保管する!」等で記載したように、色々な取り組みを進めています。

詳細の記述はしなかったものの、そもそもの運用に乗っけるために、スマホから写真を連携しています。

旧運用体制

1

Synology社という会社が出している中々小粋なNASを利用していて、その中でスマホ用アプリとして、スマホのデータをNASと同期できるアプリがありました。

これを利用して、上図のように運用していたものの、スマホからのNASへのアップロードでバッテリーを消費する、スマホアプリのアップロードがちょこちょこあって最新版の運用が難しいということで、NASへのアップロードが中々出来ない状態に陥りました。

少し時間が取れたので、これを抜本的に改善しようと思い立ちました。

スマホじゃなくて、PCに頑張ってもらおう!

2

改善案

上図のように主体を、スマホから移すこととしました。

Googleフォト→Googleドライブ連携がGoogleサービス内で可能なので、Googleドライブに自動的に格納された写真データを、PCでのGoogleドライブアプリによって、NASのフォルダに格納してしまおうという案です。

PCの運用が必要となるので、少し心配だけどどうしようかなーと悩んでいたところ…

凄いぞSynology!

Cloud Sync to Google+ photos instead of Google Drive」な記事を発見。

どうやらCloud SyncというSynology社のNAS内で用いることが出来るパッケージがあるらしい。

3

というわけで、結果的にPCでの運用も不要となり、スマホからはGoogleフォトへの自動アップロードのみで、回り回ってNASへ自動的に写真が保存されるようになりました。

だが、Googleドライブの容量を消費し続けることになってしまうのか。

Googleの容量はどうなるのか…?

Google フォト   Google ドライブ

すでに写真だけで、2Gbyteを超えるサイズがある社員もいて、中長期的にはGoogleサービスの容量が枯渇するのでは、と悩んでいたところ、Googleフォト→Googleドライブで連携されたGoogleドライブ側の写真は、Googleフォトの写真と同様に、容量にカウントされないようでした。

いやー、良かったよかった、これだけがネックだったものの、これで解決です。

というわけで、スマホで取るだけで、社内のNASから確認が出来るようになりました。

まとめ

  • Synology社のNASにおけるCloudSyncパッケージは凄いステキ。
  • Googleフォトの写真データは、Googleの容量として加算されない。
  • Googleフォトから連携されたGoogleドライブ内の写真データも、Googleの容量として加算されない。

さぁ、写真管理をもう少しシステム化して、面倒なこと無く、ばっちり対応することとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です