図面ソフトを考えています。

20160310_100900232

現在社内で利用しているCADソフトが古くなってきており、PCとの互換性も出てきたので新規に購入を検討しています。

こういったのはホントに表立って比較の情報はあんまり出てこないですね。

現在は下記4点で検討中。

一長一短があり、決めかねます。

ARCHITREND ZERO(福井コンピューター)

設計業界のデファクトスタンダード。

リフォーム業界だと買ったものの活用できてないという話をよく聞きます。

確認申請バリバリします、法規との相関も必要です、なら、これなものの操作が少しだけとっつきにくい。

今年4月から、福井コンピュータが主導し住設の3Dカタログを開始する予定でARCHITRENDで作成した間取りをアップロードすることで、その間取りにお客さんが好きに住設の検討・配置が可能となるとのこと。

Walk in home Plus +(安心計画)

DTS社のWalk in homeをカスタマイズし販売している。

営業マンの小回りが一番しっかりしている感じが強い。

バーチャルデスクトップで試用が可能で、試用でも利用可能なサポートはしっかりしている。

ソフトとしてはGUIが乱雑な感じが否めない。

Walk in home(イオグランツ)

DTS社のWalk in homeをカスタマイズし販売している。

他社と比べるとレンダリングエンジンが良いのでレンダリングが早い!らしい。

ソフトと連動するEOPANと、リコーのTHETAとを組み合わせて、プランと現場の相関がしっかりと分かる。

安心計画のものと同様、GUIが乱雑な感じが否めないが、THETAとの組み合わせは色々な未来がありそう。

ALTA(コンピューターシステム研究所)

専用のペンで、専用の用紙に書くことで図面記入が可能…だが、あんまり使用頻度は高くなさそう。

3Dプリンターで模型を作成可能なのもユニークな機能。

あんまりそれが優位点には思えないものの、GUIが優れている。

元々は、DTS社のWalk in homeの販売代理店をしていた様だが、契約解除したとのこと。

 

と、いうわけで悩みに悩んでいる最中です。

価格もだいたい100万円程度ということもあり、気軽に買うことも出来ず、一度購入し運用を始めれば蓄積したデータがムダになるのでポンポンと変更することも出来ず。

悩む日々です。

図面ソフトを考えています。” に対して 5 件のコメントがあります

  1. 多摩 やそー より:

    初めまして。
    私も今、ソフトの導入についてどれにしょうか?と悩んでいます。
    私は、直近では、住宅のプレゼンまで、ゆくゆくは設計→確認申請をできるようにしたいと思っています。
    1級建築士を持っており、このほど勤務している建設会社の業務とは別に建築士事務所を登録しましたが、CADの操作ができないため、このソフトでたたき台を作り、必要な修正のみで確認申請に持っていけるようにしたい、と考えています。
    以前は(15年前まで)会社の設計部で手書きの時代に設計~申請をしていましたが、ブランクがあるため、これらの住宅プレゼ、設計ソフトを見つけた時は「これだ」と思いました。
    山口様の検討で進展がありましたら教えてください。
    よろしくお願いいたします。

  2. hiroyasu より:

    やそーさん、こんにちは。
    山口建設としては、walk in homeの導入を決定しました。
    理由としては、各担当に対しての利用方法の簡易化、プレゼンへの対応、パノラマ写真との連携、補助金の活用などがあげられます。
    確認申請をメインとしてお考えだと、「ARCHITREND ZERO」がいいかもしれませんね。

    また、各ソフトは本当に一長一短があるため、ベンダーさんと調整の上、試用させてもらってから、購入に進まれたほうがよろしいかと思います。

    ご参考になれば幸いです。

    1. 川崎 やそー より:

      hiroyasu様、ありがとうございました。
      本当におっしゃる通りだと思います。
      私の希望としては、業務の想定は「確認申請をメインとする」というわけではなく、
      プランやデザインを提案して決める、ところに主眼を置きたいのですが、決まったあと、確認申請の業務が出るため、引き続きスムースに実施したい、というのが希望です。
      今後、知り合いの工務店さんと協業して、お客様の案をまとめるところまでを行い、決まった後は代願をしてくれる設計事務所に委託する、という方法も考えられますが、できれば建築士事務所として確認申請までは一貫してやるべきでは、と思っているので、前回のようなことを書かせていただきました。
      また、何か進展や情報がありましたら教えてください。
      よろしくお願いいたします。

  3. 川崎 やそー より:

    川崎 やそーです。
    追伸です。
    今、「山口建設さんとしてはwalk in homeの導入を決定しました。」とありましたが、山口建設さんでは、確認申請は行わないのでしょうか?
    ある程度の図面が作成できるなら、プレゼンに際しての操作性が良い、walk in homeのほうが良さそうな気もしますので。

    1. hiroyasu より:

      自社では行わず、提携の設計事務所と協業することが多いです。
      本当に各ソフト一長一短ですので、まずは、各ソフトを実際に触ってみることが重要かと思います。
      各メーカー様にお問い合わせ頂くといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です