auスマホにおけるGPSタグ掴み具合について

DSC_0114

g02とg01

現在、auのTORQUEのG01を利用しています。

頑丈!というイメージで採用を決定したものの、ICカードの出し入れ箇所に不具合が発生する仕様(?)となっているらしく、のべ10台利用中で、2回故障を経験。

まぁ、しょうがないと思いつつも、写真撮影時のGPSタグを用いて、案件ごとに勝手に振り分けるシステムの運用を開始したところ、写真撮影時に5秒~10秒待たないと、GPSタグを掴まない事象が発覚。

場合によっては1分程度待たなければ掴んでくれない場合もある始末。

過去の写真を集計してみたところ、待ちきれなかったのか総計1万7000枚の内、1万1000枚にGPSタグが付与されていない結果となりました。

屋外だし、そもそも電波は掴んでるし、で、スマホ自体の不具合なのか、仕様なのかサポートに相談。

auからメーカーにも確認してもらったものの、分かりません、GPSを掴むまでに適切な時間がどれぐらいかも分かりません、とのこと。

正に、王道のサポート対応。

弊社の担当しているKDDIまとめてサポートの営業経由で相談したところ、後継機種のTORQUE g02を貸し出すのでご自身で確認してみてください、とのこと。

仕様とか、細かいところ確認してもらいたかったものの、そこはサポートの方が詳しいらしい。

ということで地道にうろうろと歩きまわりながら、色々な条件でぱしゃぱしゃ撮影してみました。

GPSを掴む速度は、g01もg02も同程度のスピードで変わらず。

ただし、g01は撮影完了後の撮影再開でもGPSを掴み続けている模様で、カメラ起動時にすでにGPSタグが掴まれている事象が多数確認できた。

g02に「位置情報取得の高速化」という項目があり、「Qualcomn IZatハードウェアを利用して現在地を高速に特定する」という説明書きがあったものの、あまり変化は見られず。

結果は以下のとおり。

機種名 GPSタグ取得 合計
OK NG
g01 98枚 19枚 117枚
84% 16%
g02 74枚 56枚 130枚
57% 43%

型番ではなく使用したスマホの機種依存(チップ?)がありそうな感じがするけど、それぞれ1台で確認したところ、g01の方が良さそう、という結果になった。

カメラ自体の画質はg02の方がよさ気なんだけど、GPSタグ取得が悪化すると避けたいので今回はg01ままで進みたいと思います。

ちなみに、過去一週間の写真データは488枚あり、GPSタグを掴んだのは138枚(28%)のみ。

運用対処の限界も見えてきたので、次はGPSタグを掴まないと撮影出来ないカメラアプリを作ればいいのかな 😎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です