仕上がりを見込んで下地を進めていきます。

下地を進めながら、あくまでそれは仕上げを考えながら進めなくてはいけません。

写真にあるように、壁に何かしら重いものが付く箇所は下地を石膏ボードではなく、木とする必要があります。

石膏ボードの方が加工がしやすく、また値段も経済的なのですが、あいにくとあまり強くありません。

画鋲などを指すとぼろぼろになる経験がある方もいるのではないでしょうか。

なので、強くする必要がある箇所は必ず木をいれます。

カーテンや、手摺や、棚など。

お客様としては、全部下地が終わって部屋の形が分かってから考えたい…というのもあると思いますが、事前に考えることも必要なんです。

施工ブログとして書いていますが、実は本物件の完成現場見学会を実施します。

詳しくはこちらから参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です