断熱材をしっかりと、防水処理をしっかりと。

下地処理と並行して、断熱材をいれたり、先付けが必要な設備機器を設置していきます。

この時点では、まだまだ完成形は見えません。

しかしながら、完成時には見えなくなってしまう箇所だからこそ、しっかりとした施工が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です