Googleフォトの容量無制限の中止が発表されました。2020年6月1日以降の保存データは加算されていきます。

Googleフォト。

Android端末さえあれば、無料で自動で写真・動画をバックアップしてくれる素敵なサービスでした。

2021 年 6 月 1 日以降に、Google フォトにアップロードされる新しい写真や動画は、すべて Google アカウントに付随する無料の 15GB ストレージ、または Google One メンバーシップとして購入した追加のストレージ容量を使用しているものとして計上(カウント)されます。Google アカウントのストレージには、Google フォトの他、ドライブ、Gmail が含まれます。

Google アカウントのストレージポリシー変更について

Googleブログでさらっと発表されましたが、2021年6月1日以降に保存された写真・動画が、容量として消費、加算されていきます。

個人用途ですと、15Gbyteという容量がありますが、よっぽど高画質じゃなければ、今のスマホの写真は3Mbyteぐらいだと思うので、5000枚ぐらいの写真が保存できます…が、Googleフォトのみならず、Gmailや、Googleドライブなどの容量も必要となるので、中々に厳しい状況を迎えそうです。

山口建設では、Google workspaceを利用しているので、15Gbyte/アカウントではなく、2Tbyte/アカウントなので、多少の余力があるのと、基幹システムとの連動で、以前は利用していたGoogleフォト/Gogoleドライブとの連携をなくしたので、大きな影響はなさそうです。

amazon primeに登録していれば、容量無制限でAmazon Photoが利用できるので個人ユースであればそれが良いかもしれませんね。

無料でサービスを展開しつつ、いい頃合いでガバっと有償化へ舵を切られると消費者側は困ってしまいますが、Googleとして今後、容量管理や、消費しきってしまう目処の期間などを示唆してくれるアプリも提供されていくようです。

詳しくは、Google japanのブログへ。

クラウド、クラウド、と叫びつつも、やはり自分で管理するNASの出番が増えてくる時代になりそうです。

リフォームお考えの皆様へ

リフォームの進め方

リフォームの進め方(全16ページ)

リフォームをお考えの際に、そもそもリフォームはどうやって進めるのかをまとめました。

初めてリフォームをお考えの方に、是非とも読んでいただきたい資料です。

リフォーム会社の選び方

リフォーム会社の選び方(全18ページ)

リフォーム会社を選ぶ際に、リフォーム会社目線で抑えておきたいポイントをまとめました。

どうやってリフォーム会社を選んでいいかわからない方に、是非とも読んでいただきたい資料です。

お問い合わせ

お問い合わせは こちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です