暮らし創造研究会による「健康で快適な暮らしのためのリフォーム読本」のヒアリングを受けました。

ご縁があり、東京大学前研究室のみなさんをはじめ、各メーカーさんで運営している暮らし創造研究会が発行している「健康で快適な暮らしのためのリフォーム読本」のヒアリングを受けました。

東京大学前研究室の皆さんをはじめ、メーカーとして性能向上に非常に意欲的に取り組んでいるYKKAPさん、給湯器のリンナイさん、断熱材のAQUAさん、東京ガスさんがいらっしゃり、山口建設目線で色々とお話させていただきました。

性能向上というのは業界全体で非常にシビアに取り組み体制が徐々に整ってきています。

たとえば、トップランナー制度(経産省PDF資料LIFULL HOMES トップランナー制度について)という制度があり、2020年に向けて非常に厳しい目標値が定められています。

新築については、徐々に体制や、商品等も整備が進められているのですが、リフォームは業界全体で未だにまだまだ改良の余地があると思っています。

山口建設のお客様だけではなく、リフォーム業界全体が少しでもよくなればとヒアリングを受けました。

「健康で快適な暮らしのためのリフォーム読本」は、そもそも断熱をするとしないとではどのように変わるのか、断熱するためにはどのような工事が必要になるのかなどのきっかけになる非常に読みやすい資料になります。

今後は、暮らし創造研究会でもダウンロードができるようになる予定とのことですが、数部ありますので、ご希望の方はご用命ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です