A、B、Cが、M、Jへ!

今までなんとなくで使っていた軟式野球のボール。

息子の野球チームで手伝いをしていると、どうやら今は、小学生が利用するボールは、J球というものに変更されていたようです。

A号、B号、C号は、廃止され、中学生以降はM(メジャー)号と、小学生はJ(ジュニア)号となっています。

バウンドを抑えて、飛距離を伸ばすために変更されたようですが、時代の移り変わりなんですかね…。

なにげにディンプルがハートマークなのがこだわりポイントでしょうか。

 

ただし、不思議なことに、調べ方が悪いのか、全日本軟式野球連盟の公式リリースがホームページでは見当たらないこと。

唯一、全日本軟式野球連盟のFacebook投稿(2016年12月6日)にその旨の投稿があるものの、公式ページではその周辺の時期に周知が見当たりません。

もしや、周知はFAXで会員等のみに行われているのか、野球という組織の歴史深さが垣間見えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です