任天堂スイッチのDIYに挑戦してみました。

息子の希望という体裁で、購入した任天堂スイッチ。

子供よりも、私が長く遊んでいるような気がしないでもない素晴らしいゲーム機です。

しかし、コントローラーの不具合か、操作していなくても勝手に動いてしまう事象が発生してきました。

任天堂のサポートとやりとりしていたものの、本体も合わせて送付しなければならず、金額もそこそこかかり、我慢できなくない状態なので悩んでいたところ、自分で出来るということを知りました。

こちらを参考にしながら、amazonで部材と工具も2500円程度で揃え、無事に修理が完了しました。

時代の移り変わりなのか、方法や、道具、材料も手軽に調べ、手に入る時代になってきています。

リフォームも、網戸・ふすま張替え、クロス補修、などの簡易的な作業についてはホームセンターで誰でも方法や道具・材料を揃えることが出来る時代になってきました。

10年後、20年後、方法が規格化され、情報化が加速されれば、リフォームのプロがやるべき箇所がより先鋭化する時代が来ると考えています。

そういう未来でも、山口建設の存在意義が継続できるようにと準備を進めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です