なぜChromeはこんな変更を実施してしまったのか…

Chromeのバージョン69から自動ログイン機能が実装されました。

Chromeは、Chrome自体にGoogleアカウントでログインすると、Chromeで設定されているブックマークや設定などは引き継がれることが出来ます。

その状態での利用でも、任意のGoogleアカウントを各Googleサービスの初期設定として利用ができました。

端末 Chromeへのログイン Googleサービス初期ログイン
PC① アカウントA アカウントA
PC② アカウントA アカウントB

 

このように、自宅のPCでは、ChromeへはアカウントAでログインしつつも、Googleサービスの初期ログインもアカウントA。

職場のPCでは、自宅のPCと同様にブックマークやパスワードなどの自動ログイン情報を同期しつつも、Googleサービスの初期ログインはアカウントBとして設定ができました。

ただし、Chromeバージョン69から、Googleサービスの初期ログインは、Chromeへのログインと同一アカウントとなる仕様が導入されました。

上記だと、PC②では、初期ログインがアカウントAとなり、毎回毎回、アカウントBでログインし直す事象が発生してしまうので下記のように変更が必要となりました。

端末 Chromeへのログイン Googleサービス初期ログイン
PC① アカウントA アカウントA
PC② アカウントB アカウントB

 

ただし、Chromeのログインアカウントが変更となることで、両端末で、ブックマークの同期や、サービス利用時のIDやログインが動悸されずに非常に面倒な事態となっています。

Chrome 69の「自動ログイン機能」と「ゾンビクッキー」は批判だらけでGoogleはChrome 70での変更を約束

「Chrome 70」でChromeへのログイン必須を解除へ フィードバックを受けて修正

Googleは、バージョン70での修正を約束しているので10月中旬頃にはリリースされるのを待ちつつも、ブックマークの修正時には両方でログインしなおして登録を実施し、サービスのIDやパスワードは元のアカウントでChromeにログインしなおして利用をしています。

あと数週間が待ち遠しい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です