国はリフォームに何を考えているのか、一端を感じることが出来ました。

ジェルコというリフォーム事業者団体に加盟しており、色々とお話をいただくことも多いです。

現業との兼ね合いから色々と判断しているのですが、今回は、建産協によるITツール活用ワーキンググループが初めて開催されることから、私がIT系に多少知見があることから、ジェルコとして参加してきました。

建産協は、一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会という建材、設備メーカーによる協会となり、経産省管轄の団体となります。

経済省を含め「リフォームを担う人材等に関する検討会」というものが実施されており、それのアクションプランとして、ITツールの活用が重要だ!というまとめとなり、今回のワーキンググループが立ち上げられました。

そして、今回、経産省、大手メーカー、建築関連の団体などが30名程度参加し、ITツール活用ワーキンググループが開催されました。

打ち合わせの内容として、リフォーム会社としての肌感覚としては少し違和感も感じることもありましたが、国目線としては致し方ない面もあるかなと思いました。

少しでもより良いリフォームが展開できる社会になるよう、そして山口建設でリフォームに係る皆様が少しでも満足できるように。議論がリフォーム会社目線になるように微力ながら力を果たせればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です