こんにちは、Slack!

山口建設では、自社で開発した基幹システムを利用していて、下記のように業界紙の取材なんていうのも受けたりしています。

リフォーム産業新聞に「業務効率改善」として、山口建設のシステムが掲載されました。

基幹システムのみならず、業務の効率化を見据えて、コミュニケーションの円滑化を考えた末に、Slackの利用に行き着きました。

一般的なコミュニケーションツールとは異なり、APIが豊富に用意されており、より基幹システムと密接な機能を具備できました。

  • 案件作成時に案件担当者を含めたチャンネルを作成
  • Slackの内容は、基幹システム側からも案件ごとに確認が可能
  • 入金確認時、粗利確定時などはSlack上で通知
  • 失注時、粗利確定時などは一定期間後チャンネルをアーカイブ化
  • 会社カレンダーなどの情報は定期的にSlackに展開

これで、MLなどで全社員を対象にしたものではなく、必要な担当への鳴動だけで済むように成りました。

自社開発だからこそ出来る、外部サービスとの連携をガチで作り込んでしまうという暴挙。

リフォーム業界で、日本で初めてじゃないでしょうか。

こんにちは、Slack!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です