無線LAN中継器であるMZK-EX300NPが機能しなくなったので初期化してみたところ、少し設定方法に難がありました…。

打ち合わせスペースはWifiのつかみが弱いので、写真のような中継器を設置していました。

今まで動いており、Wifiを掴んでいたのに、ランプ表示が消えて動作しなくなったことに気づきました。

コンセントへの抜き差しすると、一時的にWifiをつかむものの、すぐに電源ランプ以外がつかない状況へ。

とりあえず、初期化して再設定かなーと思いつつ、ルーターにWPSボタンがないので手動で設定をしてみました。

MZK-EX300NPの公式の設定方法

MZK-EX300NPの設定をこちらを参考にして、設定を実施。

  ネットワークSSID:Planex-Ex_24
セキュリティ:WPA2-PSK/AES(に準じるもの)
パスワード:chuukeisaikoo

というSSIDの設定が必要な模様ですが、該当のSSIDを設定してもSSIDは掴まず、「Planex_ex_setup」というSSIDを拾ってくる始末。

SSIDをいくつか持っているのかなーと思いつつ、「Planex_ex_setup」で設定し、上記の設定に合わせてIPを設定しても接続できず。

Planex_ex_setupから探した設定方法

「Planex_ex_setup」のSSIDで検索してみると、MZK-EX300NPではなく、MZK-EX750NPの設定方法が引っかかる。

SSIDが異なり、さらにはDHCPでIPが振ってくるので、IP設定も不要。

管理画面のIPアドレスも192.168.111.1で異なるという、前述の設定方法とは全く異なる状況。

結果、機種は「MZK-EX300NP」なものの「MZK-EX750NP」の設定方法で事なきを得ました。

これ、Planexの中の人は、ドキュメントの更新をしないといけないけど、誰かがいつか気づくんだろうか…。

 

とりあえず、無線は掴むようになったものの、ちゃんと継続して動きますように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です