会社見学で長野県の伊那食品工業さんへ

ご縁があり、キタセツの北川社長から誘われ、伊那食品工業さんへ会社見学に伺い、塚越副社長とお話できる機会がありました。

伊那食品工業さんについては、「世界のトヨタが「師匠」と呼ぶ伊那食品工業」の記事を御覧ください、

数字を求めるのではなく、社員の幸せを第一に考えることで、50年間増収増益という素晴らしい会社です。

経営として数字を求めるのではなく、現場に任せるんだというお話を聞き、会社としての成り立ちが一歩目から違うことを痛感しました。

社員にいい環境で働いてほしいという思いのもと、3万坪の敷地に、スウェーデンの環境を模した環境。

そして、その敷地内を社員が自発的に就業前、休日中までも清掃するという取り組みまで。

凄いなーで終わるのではなく、自社の取り組みに少しでも組み入れたいと強く願うものの、非常に長い時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です