ホームページのどこをクリックされたのか分かったりする時代になってきました。

PC画面での計測

ヒートマップという名称で用いられていますが、ホームページ上のどこをクリックされたのか、計測ができるようになっています。

一部制限がある場合もありますが、無料で診断を実施できるようになる時代になりました。

こういったサービスが無料で実施できる、というのは恐ろしい限りです。

山口建設のホームページには、googleアナリティクス集計用のタグを設置していたのですが、googleタグマネージャーを導入し、タグを一新。

そして、googleタグマネージャー内で利用できるトリガーにhotjarというヒートマップの計測ができるサービスがあったので導入してみました。

モバイル画面での計測

某ヒートマップサービスも利用していたのですが、モバイル版の画面が単純に画面幅を小さくしたもので、レスポンシブデザインの山口建設のホームページでは画面上のどこをクリックしたものか分からなくなってしまったので利用を断念しました。

hotjarはそんなことがなく、PC画面、モバイル画面それぞれでも計測が可能でした。

ページごとのアクセス履歴に留まらずこういう視覚的なものは非常に参考になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です