水まわりを完全リフォームして住宅もリフレッシュ!使いやすい快適空間(文京区 Y様邸)

リフォーム基本情報
住居形態 戸建
概算費用 375万円
工期日数 25日間
リフォーム箇所 浴室、トイレ、洗面、廊下、窓サッシ、玄関
浴室 TOTO サザナ HSシリーズ Sタイプ
洗面 TOTO 洗面化粧台 サクア
トイレ TOTO 床置床排水大便器ピュアレストQR
ドア WOODONE(ウッドワン) SOFTART(ソフトアート)
YKKAP マドリモ アルミ樹脂複合窓
その他 照明設備、玄関・ホール・廊下 天井・壁、トイレ 天井・壁・引き戸・窓、
案件番号:3673

ご要望

・水まわり(浴室・トイレ・洗面所)を明るく、使いやすくしたい。

・お風呂も日頃の疲れを癒やせるような、くつろげる空間にしたい。

・壁や天井もきれいにメンテナンスして、快適な空間を作りたい。

施工前

施工中

施工後

お風呂

リフォーム前は冷たさが体に伝わりやすいタイル張りのお風呂でしたが、全体的に清潔感のある雰囲気にまとめました。お風呂の広さも大きくなり、使い勝手も良くなりました。

洗面所・洗濯機置き場

洗濯槽の下など汚れの目立った箇所でしたが、清潔感のある空間へと生まれ変わりました。収納スペースもしっかりと配置し、日常のお片付けにも重宝します。

トイレ

こちらは爽やかなクリーンを使用し、空間の中にちょっとしたアクセントとなっています。トイレにもしっかりと収納を配置し、トイレで使用する備品もしまえます。

窓まわり

アルミ樹脂複合窓を採用してリフォームをしました。この窓を使用することにより、室外側は耐候性の高いアルミ、室内側は断熱・遮音効果の高い樹脂という構造から、アルミ部分が外側の劣化を防ぎながら部屋の断熱性や防音性を高めることが可能です。

担当者から

岡部聡志

浴室のドア付近にある洗面所の床が傷んできたことから、リフォームをご検討されたとのことでした。浴室はタイル張りかつ大きな窓が2面あったため、冬場は非常に寒かったとのことです。また、角に柱型があるため、浴室の広さの割に浴槽が小さく足を伸ばして入れない状態でした。

同じ位置のまま広げることは難しいため、洗面トイレも含めて、間取りを変更することで浴槽を大きくできる方法を提案しました。

トイレと浴室の位置を逆にし、柱型でデッドスペースになる部分にはカウンターを設置し、その下に収納を埋め込みました。その結果、トイレは2面の窓から光が差し込む明るい空間となり、収納力とデザイン性を兼ね備えたレストルームになりました。

伊東正樹

今回は洗面所とお風呂(在来)を含む水回りのリフォームのご依頼でした。

水まわりは傷みやすい箇所のひとつです。湿気が原因となりカビが発生して木部を痛めつけます。

今回リフォームを行ったことで、傷んでいる部分や原因を除去して補修・補強を行うことが出来ました。

快適な空間に生まれ変わったことはもちろん、建物も一緒にリフレッシュする事できました。

リフォームお考えの皆様へ

リフォームの進め方

リフォームの進め方(全16ページ)

リフォームをお考えの際に、そもそもリフォームはどうやって進めるのかをまとめました。

初めてリフォームをお考えの方に、是非とも読んでいただきたい資料です。

リフォーム会社の選び方

リフォーム会社の選び方(全18ページ)

リフォーム会社を選ぶ際に、リフォーム会社目線で抑えておきたいポイントをまとめました。

どうやってリフォーム会社を選んでいいかわからない方に、是非とも読んでいただきたい資料です。

お問い合わせ

お問い合わせは こちらからどうぞ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です