相見積という形にしようと思っていましたが、いざ、お会いしてみて「その必要はない」と実感しました。心から信頼できる会社さんを見つけることができました。(世田谷区 K様)

リフォーム基本情報
住居形態 マンション
築年数 30
概算費用 1485万円
工期日数 90日間
家族構成 息子様・お母様のお二人
使用製品 建具:DAIKEN ハピアプレミア引戸/片開きドア/クローク(折戸)、床材:Panasonic アーキスペックフロアー ナチュラルウッドタイプ(キッチン・家事室)・Panasonic アーキスペックフロアーA サニタリー用(洗面所)、クロス:サンゲツ リザーブ1000 RE2715・2875・2984・3009・3024 FE3899、カーテン:サンゲツ オーダーカーテン、絨毯:サンゲツ サンペンタゴン、室内物干し:Panasonic ホシ姫サマ、洗面ボール:TOTO マルチシンク(大形)
キッチン Panasonic リビングステーション NEW Lクラス 2550サイズ
浴室 LIXIL システムバスルーム スパージュ 1620サイズ
洗面 Panasonic 洗面ドレッシング ラシス 1670サイズ
トイレ TOTO ネオレストAH1 レストルームドレッサーシステムシリーズ 0.5坪(08×16)プラン
リフォーム箇所 浴室、キッチン、トイレ、洗面、リビング、洋室、廊下

築30年の中古マンションをご購入されたK様。大きく間取りを変更することは考えていらっしゃいませんでしたが、設備機器や内装については、落ち着きとグレード感のある空間をご希望されていました。

私たちの意向を丁寧に汲み取って、形にしてくれました。

ー本日は、お忙しいなかお時間をいただきありがとうございます。まず、リフォームのきっかけからお聞かせいただけますか?

お母様:いくつかの理由でこちらの中古マンションを購入したんですね。

そこでリフォームを検討していました。

息子様:新築当初からこのマンションは、大変素晴らしいマンションだという評判がありました。私が子供の頃に、このマンションに友達が住んでいて遊びに行った時、廊下の幅とかが広くてびっくりしたものです。憧れみたいなものがありましたね。でも、このマンションも築30年になり、我々にも手が届くかなという事で、購入してリフォームをしようと考えました。

新築当初からほぼリフォームされていない状態でしたね。

お母様:30年間リフォームされてらっしゃらないと思いますね。

でも、魅力的だったものもあり、照明などはお願いして残してもらいました。ちょっと古風でいい感じですよね。

ー素敵ですね。いい所は残しつつ、全体的にリフォームされたんですね。

お母様:そうなんですね。これは残したいとか相談して、私たちの意向を丁寧に汲み取ってくださって助かりました。

そんなに深く考えてなかった要望も、打合せを重ねていくうちにどんどん要望が膨らんでいきました。

ーリフォームするにあたって、一番のご要望は何でしたか?

息子様:配管の関係から水廻りの位置の変更などができなかったため、特にこれと言って大きな要望はなかったと思いますね。

お母様:私なんかは、「あそこの壁(キッチンの壁)は必要ならあってもいいわよ」くらいでしたから。でも、提案していただいて、「それはいい!それはいい!」という感じで、どんどん要望が膨らんでいきました。

ーこちらからの投げかけ(提案)で進められていくという感じですね。

お母様:はい、その通りですね。

ただ、主寝室の奥がプライベートバスルームとトイレだったんですが、私たちの生活スタイルにあった書庫に変えて欲しいとか、2つあるトイレも一つで構わないなど、私達の要望もお話ししました。

息子様:母も私も仕事柄たくさんの本がありますので収納できる場所が欲しいこと、また、アレルギーがちょっとあるものですから、カーペットだけしか駄目なマンションなので、カーペットは掃除のしやすいものを選びたいなと思っていました。

いいマンションにめぐり合え、とてもいいリフォームができました。

大松:カーペット選びは結構大変でしたね。高機能のものをいろいろと探して絞っていったんですが、サイズで選ぼうとすると、デザインや色が無くって‥‥。

お母様:結果的には、3色の中から選ぶ感じで(笑)。選択肢が少なかった分、悩むこともありませんでしたね(笑)

息子様:1色しか気に入ったものがなかったですね。選択肢が少なくて簡単でしたね(笑)。

お母様:本当はフローリングが希望でしたが、マンションの規約で床は、カーペットしか駄目だったのでいたしかたないという感じでしたね。

でも、いいマンションにめぐり会え、いいリフォームができたと思っています。

靴を揃えてくれる姿が自然体で非常に印象的でした。こういうようにお客さんに対応してもらえる会社なんだと思いました。

ーリフォームサイトのホームプロさんからのご連絡でしたが、たくさんあるリフォーム会社の中から、弊社に決めて頂いた「 決め手」をお教えください。

息子様:ホームプロのお客様評価は、ほとんど拝見しました。非常にお客様がみんな感謝されているような素晴らしい会社なんだなという事が分かりましたが、「世の中は相見積をするもんだ」とか、「相見積をしなければ消費者として可怪しい」みたいな事をどのリフォームの本にも書いてあるもんですから、一応このマンションを購入した時の不動産会社さんから紹介していただいたリフォーム会社さんと、相見積という形にしようと思っていました。いざ社長さんと担当の大松さんとお会いした時に、「相見積は必要ない」と、会ったその直感から、完璧に信頼できるからこのまま全部山口建設さんにお願いしようという思いになりました。

息子様:非常に印象的だったのは、玄関から入ってきて、我々と社長さんがリフォームの話しをしている時に、後ろで大松さんが我々の靴を揃えてくれていました。それがいかにもやらされているという感じじゃなくて自然な感じで。こういうようにお客さんに対応してもらえる会社なんだなと思いました。

ごく自然にやっていただけたので、大松さんが担当でやっていただけるなら、長い期間のリフォームでも安心してお任せできるなって思いました。本当に私にとっては印象的な事でした。

お母様:信頼できるって事ですよね。

息子様:われわれ素人には、リフォーム会社を選ぶことは大変なことだと思います。どの会社にお願したらよいか分らないので、相見積を多数の会社さんからとって比較検討することになりますが、1社とお付き合いする方が、我々にとっても遥かに負担が少ないですから。

信頼できる会社さん1社にお願いできれば、もうこれ以上ないと思います。

大きなリフォームはもちろんですが、どういう会社さんにお願いしたら良いのかわからない私達にとって、ホームプロは、とっても助かりました。はっきりとした評価が目に見えているので…。

社長:そうですね。お蔭様で、私共もたくさんのお客様から高い評価をいただいています。お客様の思いを受け止め、精一杯やらせていただこうと常に思っています。お客様の声に応えて、「よし!また頑張ろう」と思いますよね。

信頼してお任せしていました。目に見えない細かい所まできっちりやっていただけるから…

ー工事中は、ご不安に思われる事はありましたか?

お母様:せっかく工事してくださっているのに邪魔しちゃわるいと思って、見に行かなかったですね。ちょろちょろ歩いたって邪魔するばかりですから、あんまり見に行かなかったですね。安心してお任せしていましたから。

息子様:信頼してお任せしていました。目に見えない所まで全部しっかりやっていただけるから。

お母様:大松さんが目を光らせてくださるから、何もオーナーがギャーギャー言わなくたっていいと思いましたよね。

私達の代わりに大松さんが目を光らせてくれたから。

大松:営業から現場監督、管理までやらせていただいています。もちろん現場専門の人間もいるので助けてもらいますが、基本的には、1人の担当者が最初から完工引渡、アフターまで責任を持って担当するという会社の方針でやっています。でも僕、あそこのカウンター(キッチンのカウンター)最後に失敗しちゃいました。大きさ失敗しちゃってやり直しました。

お母様:そうでしたね。

息子様:大松さんは、正直に話すからね(笑)

お母様:みんな、忘れているのにね(笑)

大松:社長に「これはダメだ、やり直せ」って言われました。

お母様:養生がうるさいマンションだったようで大変でしたよね。全部やるのに1時間掛るっておっしゃってましたよね。

大松:最初はけっこう大変で、毎日エレベーターに養生をして、一日の工事が終わるとはがして。時間が限られているので早くできる方法を考えました。ロールにして、朝来たらババッとやって、帰る時は逆から巻いてサッとやりました。少したってから工夫してなんとか短い時間でやれるようになれました。

でも、管理人さんをはじめ、みなさんには本当に良くしてもらって、逆に楽だった面もありました。

息子様:よく管理事務所の人と大松さんが連絡を取り合っていただいて、管理事務所の方からも山口建設さんは大好評でした。「近隣の住民の方にも丁寧にやってらっしゃいましたよ」って言われました。すぐに噂は伝わるものなんですね。

山口建設さんには、好印象を持たれていらっしゃいますね。

完成に近づくと、これで工事も終わりかなって‥ちょっと寂しいような思いでした。

ーリフォームをされると、精神的にも疲れてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、いかがでしたか?

お母様:それはないですね。これで終わりかなって‥ちょっと寂しいような思いでした。

息子様:大松さんに会えないから(笑)

ー一番気に入っていらっしゃる所はどこですか?

お母様:社長さんにはお話したかと思いますが、私はこのコーナー…キッチンのカウンターが大変実用的で気に入っています。電話・インターホンもまとめてあって。

それから、あの場所も気に入っているんです。

あまり実用的なコーナーではないんですけど。

あそこには、重いスチール製の防火戸があるんですね。スチール製だと部屋の雰囲気が全然違ってきますので、部屋の雰囲気に合ったドアをつけていただきました。「あれはいいね」って何度も二人で話したかしれないくらい良かったです。とてもエレガントになりました。今日は花瓶を置いていますが、花を生けるとなかなかいい感じですね。

あそこのドアは、もともと防火戸が丸見えの状態だったんですね。

お母様:そうなんです。

息子様:あそこに防火戸があるって冷たい感じがするんですけれども…。木が好きなんで、木製のドアを付けてもらったのが自然でいい感じになりました。

最初は、防音ということもあったドアを付けていただきました。取り付けたことで、防音効果も良くなりました。

大松:それは、良かったです。

息子様:ドアをつけていただいたことで、部屋の雰囲気も変わり、本当に違和感がなくなって良かったです。

お母様:あと、玄関から入ってきてずっと同じ建具で統一されていましたが、上の方がずいぶんと剥がれている感じだったんですね。相談して、補修していただき、残していただく事になりました。結果的には、本当に良かったですね。

今回のリフォームを点数で言うなら、文句なしの「Aプラス」です。

今回のリフォームを点数で言うと、何点くらいいただけますか?

お母様:そうですね。大学の成績で言いますと、従来は「A・B・C」で単位が取れない人は「D」ですね。試験を受けてないという人は「E」とか特別なのがあるんですけど、受けて落ちると「E」なんですね。最近は4段階で成績を出す傾向があるんですね。それで「Aプラス」といういのがあるんです。90点以上というのが参考になるんですね。文句なしの「Aプラス」です。

息子様:90点じゃなくて、100点でのAプラスです。

ー最後になりますが、これからリフォームを検討される方にアドバイスをお願いいたします。

お母様:予算的なことも含めて、やっぱり正直に相談するという事ではないでしょうか。

人によっては「これには、これ位しか掛けられない」とかあるでしょうからね。例えば、お子さんが多いから、なんとかん狭いマンションでも上手に暮らせないかとか、本当に生活は切実ですからね。

だからやっぱり正直に相談するという事。それには良いリフォーム屋さんにお願いするという事ではないでしょうかね。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です