神様からの贈り物

人生始めての本を書きました。

去年の10月ごろから 少しずつ書き始め 五ヵ月ほどで

ようやく本の形になりました。

内容は自分史ですね

七二年間の山あり 谷ありの一生を書き上げ 一冊の本となり

編集長と最後の打ち合わせになりました。

自分のこれまでの生き方で学んだ事を書きました。

振り返れば やはり心と感謝で人々は生きてます。

目に見えない何かがこの世に命を授けてくれた。

苦しいこと 悲しいこと 喜びなどはすべての人に与えられ

それは神様からの贈り物
最終原稿に写真などを挿入して

いよいよ 6月に書店に並べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です