京都仁和寺

 

真言宗 総本山 仁和寺

成り立ち

宇多天皇が仁和(にんな)4年(888年)に創建して以来、法親王が住持し「御室御所」と呼ばれた(御室とは、「皇室の住居」の意味)。

見所

朱塗りの中門(重要文化財)をくぐると、御所の紫宸殿を移築した金堂(国宝)の他、五重塔(重要文化財)や観音堂(重要文化財)等が見えてくる。
門跡寺院として格式が高く、また、「徒然草」「方丈記」など古典にも数多く登場する。
境内(史跡)の背丈の低い桜は「御室桜」(名勝)として有名である 。

都内の新聞で 幻の観音障壁画の紹介を見て

そうだ 京都に行こう

そして 眼の前に

総本山 仁和寺
境内は 嵐山から離れてるので 人はまだら

案内所には見どころとして5箇所の建物が紹介

ゆっくりご覧ください。
今回の主役は

通常 公開はできない 修行僧の修行場

世界文化遺産
この建物です。

仏様などは写真禁止

内部では仏像の前で僧がそれぞれの仏像の説明をしてくれました。
この5重の塔は すべての屋根の大きさは同じとのこと

凄い建築技術に感心
おもわず 自撮りでパチリこの堂では 修行僧が
7名の僧が建物の清掃をしてましたね

清掃により心の暗闇 悩みもきれいになるのでしょう

修行で一番大事かもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です