今日は

八年前

沖縄のホテルで1歳の孫を腕の中であやしながら

何気なくTVのスイッチを入れたら 飛び込んできたのが

震災の悲壮な画面

信じられない光景が次から次へと

孫を抱く腕の力がいつの間にか強くなり 泣く孫の声に

思わず我に帰った。

それから八年

被災地では 復興の名前のもと、歩み続ける人と

未だに苦しむ人がいる。

当時、小生なり 被災地に駆けつけ 支援をさせて頂いたが

彼らはその後 どうなったのか

日常の生活に終われ 消え行く記憶に翻弄され

八年目の今日

改めて 思うことは

未だに苦しむ人がいること。

あの当時の光景を忘れないことが大事ですね。

亡くなり、行方不明の人々にご冥福を捧げます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です