中華そば 勝本

水道橋駅の近くで見つけたこの店の中華

ご覧のように醤油味のスープ

何もかも基本をしっかりと守り 醤油ラーメン、いや

中華そばの名前を変えづに、、、

新しいネーミングから 日本伝統の作り方 安心できますね

そして 箸先は紙を巻き付け 汚れがつかないようにしてる。

まさか このような箸を見たのは初めて店の前は昼前から 行列
勝本の文字が入ってる提灯が 店先に
厨房には清潔な白衣装の職人が六名

広いカウンターは隣の人と十分広さを確保

眼の前に 勝本の小冊が置いてる

何気なく手に取り ページを捲ると

勝本の 醤油スープ、節、肉、麺、卵、米へのこだわりが掲載されてる。
スープは、生きもの
節は  海の恵みを惜しみなく
肉は 信頼してる専門家の目利きによる
麺は 浅草の「懐華樓」特製麺を使ってる

葱は 葱のみを扱う八百屋さんから仕入れる。
卵は  使ってる卵は二種類

米は 産地の水で炊くと、相性が良く、美味しくなるため

新潟産のコシヒカリ
このこだわり、まさに中華そばの中に 勝本の職人の誇りが

収縮されてます。

流行に流されることなく しっかりと 中華そばの中に

ある材料を吟味した 勝本の中華そば

久しぶりに感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です