ついに完成

大学時代の親友

現在 益子で陶芸家として有名な彼が小生のため

龍の陶芸を作成してくれた。

今日 益子から作品を届けてくれた。果たして 果たして

出来上がりはいかがなものか

制作日数  半年

途中 体の不調で 入院

手足の麻痺から 立ち直り小生の龍の作品に全エネルギーを

注ぎ 今日手元に
いかに いかに ドキ ドキ、、、
ついに 眼の前に

荒々しく 天空を踊る龍

龍の姿が立体的に盛り上がり 今まさに作品から

飛び出してくる
この龍の頭部

目がランランとして 口が吠え 神仏を超越した人と神を超越した姿に ただ ただ 目に見えぬ神秘の世界に心を奪われた

作品の上部に浮かぶ 山口建設の社名

まさに  龍が向かう先にある 山口建設

龍に負けないように たくましく生きる力を 授かるように

作者と小生の心が見える
ご苦労さまでした。
、こうして作品から友情をつなぎ

共に認めあい 五〇年のお互いの人生を称え合い

出来上がった作品

大事にしますよ
こちらは 親子龍の作品

ついに完成” に対して1件のコメントがあります。

  1. 相澤 博 より:

    喜んでいただき、作家冥利に尽きます!
    大事にしていただければ、龍も作者も空を飛ぶでありましょう!苦労の甲斐がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です