秋田竿燈祭へ

男鹿温泉のつばきに宿泊

この場所はなまはげで有名です。

ホテルの入口にも臼の下にはなまはげのお面が
これには感動しました。

フロントの横に

朝の薬は飲みましたか?の文字が

そして 水も用意してますよ

帰りのお客様へのメッセージ

初めて見ました

心遣いが嬉しいですね

ホテルの名前はつばきです。 なまはげの刺繍が壁一面に

すごい織物ですね

ホテルの美人フロントと一緒に パチリ さあ 今日の夜はお目当ての秋田竿燈祭 途中の店で

ババヘラのアイスが?

秋田で有名なアイスですぞ

妙齢な女性が? ヘラでアイスの周りを花びらのように

アイスで飾り付ける

上官が持ってるのが ババアイス

ジジアイスではありませんぞ
途中 角館で昼食

有名な観光地ですね

昼は稲庭うどんの店に 名物の稲庭うどんですが うどんが細いですね 角館は観光地で有名な場所ですが

元和6年(1620)江戸時代のはじめ、芦名氏により大規模な都市計画が実施され、その後は佐竹北家の城下町として栄えた角館。

 武家屋敷が立ち並ぶ通りは、「内町(うちまち)」と呼ばれ、現在も江戸時代末期時の屋敷割や、母屋・門・蔵の屋敷構え、枡型など武家町の特性をよく残しています。

上官とともに武家屋敷を散策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です