東北三大祭二日目

ねぶた祭りが終了して ここ十和田湖温泉の宿の到着したのは

午後一〇時過ぎ  疲れましたね

翌日 ロービで

周りの新緑の青さにホット

今日は 能代の七夕 天空の不夜城見学

十和田湖は新緑に囲まれ バスの窓からは眩しい緑の樹木が

途中、滝の前で上官と

途中 康楽館に

なんだろう

ポスターが懐かしい

戦前 この地域で鉱山の発掘で発展して

多くの労働者が隅 その人々の娯楽のため 劇場を建設

その名残を 現在 康楽館として 大衆演劇の舞台として

現在も営業

舞台下に案内してもらう 途中 懐かしい有名演劇人の顔のポスターが この先が舞台下 役者が舞台から消えたり 現れたり 回り舞台など

ひとの力で動かしてる

動かすタイミングは舞台上の役者の足で舞台を叩く音で

動かす。

大変な仕事ですね

 

歌舞伎役者のポスターが 国定忠治 懐かしい 緒方拳

彼も この場所まで来て 舞台に出たんだね

懐かしい風景です。

一昔前の時代にタイムスリップ

康楽館

小生の名前の康人

その一文字の康

人々を楽しくさせる演劇場

大変 満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です