靖国神社のみたま祭へ

例年参加の御霊祭に

参道には日が沈む頃 鮮やかな黄色の献灯が参道を照らしてる。

御霊祭とは

家紋みたままつり7月13日〜16日

日本古来の信仰にちなみ昭和22年に始まった「みたままつり」は、今日、東京の夏の風物詩として親しまれ、毎年多くの参拝者で賑わいます。
期間中、境内には大小3万を超える提灯や、各界名士の揮毫による懸雪洞かけぼんぼりが掲げられて九段の夜空を美しく彩り、本殿では毎夜、神霊をお慰めする祭儀が執り行われます。 また、みこし振りや青森ねぶた、特別献華展、各種芸能などの奉納行事が繰り広げられるほか、光に包まれた参道で催される盆踊りや、夜店の光景は、昔懐かしい縁日の風情を今に伝えています

戦時中 日本のためになくなった慰霊に感謝する慰霊祭
当社も献灯を毎年捧げてます。
今年は 部長、次長 係長 そしてM君が参加
総門の前では七夕が鮮やかに
ワアー

空を見上げると 天空に朱色の雲が 小生のだいすきな龍神様の

姿に浮かんでいました。

ありがとうございましt。
部長も当社の献灯の前で
この後は  のどごしスッキリ

ビールで 乾杯

そして 新人のM君

初契約  おめでとう

上役の係長と  乾杯

今年の御霊祭りも無事終了

ありがとうございました。

合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です