現場がすべて

当社 現場着工は現在8軒

すべて スケルトン住宅の大型物件

当社の得意な施行ですね

当然 小生は1日1軒 電車 バス そして徒歩で現場訪問

今日は隣家との間は壁一枚のせまい住宅の全面リフォームの現場です。

当然 隣家との柱 防音などの施工方法が大事です。

 

1階、2階は解体が終了

むき出しの柱 梁 壁 床下 基礎等がみえてきました。

ここから木造住宅の技術で大事な施工方法です。

 

水周りの壁 床下 基礎の状態を確認

 

 

床下は土がむき出しの床下

基礎も布基礎ですので安全面に不安です。

 

土台の腐食も確認

天井も解体

 

 

屋根裏の野地材状態も確認

下から見れば水漏れが無いのかも解かりますね

 

 

解体職人が屋根材の瓦を撤去

 

大工棟梁と次長が裸になった建物を見て

打合せが始まりました。

 

新規の図面からの構造体の補強方法を

大工の棟梁の経験 技術で施工方法の打合せ

目に見えない構造体の施行技術がお客様の住いの

安全、安心に繫がります。

リフォームでは既存住宅を解体して 初めて構造体の施工方法を

お互いの信頼関係で勧めます。

一番大事なところですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です