ただ ただ呆然と 眺めるだけ

 

世界遺産の陽明門

目の前に歴史の重みが心に体にかかる。

はたして受け止めることが出来るだろうか

眺めるだけで 立ち続ける我が身

 

空想の神獣が天界を踊ってる

鮮やかな色彩と白雪で覆われた陽明門

歴史を紐どくことは 必要ではないだろう

言葉は必要ないだろう

 

潰されそうな我が身を なんとか なんとか 

 

 

神々の使いの天龍が目の前に

 

 

見えない時間の流れに 思いを寄せる事は 出来ない。

ただただ呆然と 。。。

立ち続けるだけである。

 

当時の職人の苦しみ 悲しみ 汗が

そして魂の声が 聞こえる。

これからの見えない時間との中で

どのように過ごすのか どのように生きるのか

我が身を振り返り 考える 日光陽明門であった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です