練馬 大泉の現場

築35年の住いを2世帯住宅

娘さん御夫婦とお孫さん2人 そしてお父さんの

新しい家族への生活が始まります。

今日は 解体が終わり

現場には基礎工事が

家を支える重要な基礎工事

 

熟練の親方が

土を掘り起こし 基礎高に合わせて 石を敷き詰め

填圧して 鉄筋 コンクリート等が基礎工事の流れ

解体して見つけたのが、、、、

柱が途中で浮いて その間にくさびを差し込んでます。

これは手抜き工事

ガッカリです

昔の建売などではこのような不良工事があります。

残念な事ですね

 

この場所も土台と大引の接合を金物だけで

解体して構造体の施工不良が見つければ 当然新規に

施行するのが当然

お客さまの生命を預かってるます。

 

柱も下も腐食が多数あります。

現場には神様が住んでます。

神様が見てます。

正しい考え

正しい行動

正しい結果

全てですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です