ここからが腕の見せどころ

解体現場には必ず足を運びます。

今回 床面積40坪 築40年

総2階 木造住宅

様々なご家族の歴史がある建物に新しい命を

DSC_3283

DSC_3284

玄関の右側には

DSC_3285

天井を鉄骨で支える梁が

木造と鉄骨の構造体の組み合わせ

それなりの重量がかかってます。

DSC_3286

こちらも鉄骨の梁が

DSC_3287

DSC_3288

階段の登ると スキップフロアが

いわゆる中2階です

DSC_3289

DSC_3290

こちらの部屋にも鉄骨の梁が

DSC_3291

DSC_3292

DSC_3294

DSC_3295

3階への階段を登ると

DSC_3296

ベランダで職人が

DSC_3298

ベランダと取り合いの屋根から漏水

どこから 調べる必要が

DSC_3300

DSC_3301

屋根材のカラーベストの縁切りがコーキングで

塞がってます。

屋根材と屋根材を重ねたときは重ね部分は必ず

縁切り切りをしなければなりません

以前の屋根の塗装リフォームの時 塗装で縁切りの箇所も

塗ってしまったのです

水が行き場を塞がれ 下地の木材を腐食してしまってます。

DSC_3302

解体して初めて 解かることがたくさんあります。

骨組みになった構造体からどのように施工すればいいのか答えがでます。

机上で設計してもわからない事がリフォームの面白さですね

やはりすべては現場からです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です