友よ、、、

小さくなった友の姿。

体を折り曲げるように白いシーツのベッドの上に寝る姿。

声をかけても、聞き取れない返事が、、、

森に囲まれたマンションの最上階。

風が、光が部屋の中を通おる。

去年の後半、友からの電話の声が脳裏に浮かぶ。

「肝臓に腫瘍がみつかったんだ、、」

それから8ヵ月、、、、

肝臓の半分以上摘出の手術を受けて、これでしばらくはひと安心と思ってたが

手術後の検査で、がん細胞は胸、骨へと転移が分かった。

その友が 眼の前のベッドに横渡ってる。

手を握る。

初めて会った、あの暑い夏の日の握手が思い出される。

北国と、九州の小島出身の友との出会い。

それから、建築の仕事からの長い付き合い。

九州男児らしい、剛毅な性格で、誰からも信頼された友。

「山口、そんな不摂生な生活したら、からだ壊すぞ、」

心配して声をかけてくれた友が 眼の前で無言で手を握ってくれる。

別れの光景が浮かぶ。。

友よ、死ぬことは誰にも訪れる事実、それより、どう生きてきたのかが

大事なことだ。

仕事、妻、子供、そして、多くの友、、

みんな、君のお陰で 幸せを感じた。

ありがとう、我が、友よ

君は 十分 生きてきたのだ、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です