税金の話。

このごろでご相談の多いのが2世帯住宅。昨年の震災で家族の絆を大事にする為の
住まいでの結びつき。

実家を改装する事から、問題なのは誰が其の資金を出すのか。
やはり、多いのが子供達。
ところが、親の家の改修資金を同居する子供達が出すので有れば、税務的には
贈与。

贈与です。つまり、子供達から親へのお金の贈与。

    贈与税がかかります。

お金の贈与は親から子供、子供から親へでも平等が税務署の見解です。

贈与税は高額です。
もし、実家に住む為のリフォーム資金、2000万円を子供が出したら、
贈与税は、なんと700万円ですぞ。
親から見れば自分の財産の価値が増えることですので、いい事と悪いことが
同時に来ます。

それを防ぐ為にはどうしたらいいのか。
その話がセミナーの税理士先生の話でした。

皆さんも、リフォームのお金の出所をしっかりとしなければ災難は「税務署?」は
忘れた頃来ますよ。

2世帯住宅のリフォームは税金のことを「当然、相続と贈与の関係」しっかりと
かんがえなければなりません。

             

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です