一歩一歩進んでます。

屋根の葺き替えが防水のルーフイングと新規の金属屋根と進んでます。

今回の震災で屋根の葺き替えの以来が当社にも多数問い合わせが来てました。

ほとんど重量の軽い軽量屋根材の交換です。

断熱性、遮音性、軽量とお客様の希望される屋根材で施行してます。

             

              

前日、ベタ基礎の床下のコンクリートが乾いてきてます。

            

               

床下からの湿気、および断熱性なども十分ご満足が出来ますね

             

当然、床下のフローリングの下には断熱材を入れますので、足元が寒いなどは
なくなります。

ベタ基礎「既存基礎の補強、耐震、湿気防止」
断熱材「床下、壁、天井」
サッシガラス「ペアガラスー断熱、遮音」
耐震補強「耐震壁、耐震金物」

全体スケルトン工事には大事なところです。

基本を守ることによりお客様が安心して住んでいただくことが大事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です