耐震診断


築年数の古い住宅のリフォームは耐震診断が必要。
耐震診断の方法はソフトを用いて、既存図から数値を算出いたします。
ただ、問題は壁の下地は目視からで計算ですので、内部の柱、筋交いなどは
なかなか解りづらい。
そこで、弊社が採用してるのは実際に建物を特殊な装置で揺らして、どこが弱いかを
目の前で確認する方法である。
NHKでも放映された方法で正確な数値が出ます。
それを元に耐震施工をいたします。又、施工後も実際に再度建物を揺らして数値を算出
いたしますので、正確な耐震施工がなされたかをチェックできます。
お客様の安心した笑顔が見られます。嬉しいですね。
ただし、耐震施工は建物の壁量と共に足元の基礎の状態も調査が必要です。
古い建築では基礎が無筋であったり、劣化の場合もあります。
そのための基礎補強も当然考えなければなりません。
写真の黒い帯状は炭素繊維で出来た基礎の補強材です。
この 帯状のシートを基礎の上に張ります。
それにより、基礎がしっかりとした状態で完成いたします。
当然、各検査機関からも効力のあるデーターが出てます。
弊社の耐震施工は足元である基礎の補強、建物内部の構造的な耐震補強の
両方で完成です。
足元がしっかりしての耐震施工ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です